ツタヤのオンラインゲーム三国キッスの図鑑、トレードについて

ツタヤのオンラインゲーム「三国志カード」の紹介

ツタヤオンラインゲームにある三国キッスというゲーム(通称三キス)のカード集めと図鑑埋めについて説明します。

 

三国キッスはカードゲームになります。

 

ゲーム内で出てくる武将カードは、レベルを最大まで上がった状態なら、一時的にでも所持していると、カード図鑑にマスター登録されます。

 

マスター登録されると、アイテムなどが手に入ります。

 

いろいろとアイテムが手に入るのですが、2000種までのマスター登録が進むと、十万貫、5枚ごとに筋肉フェイが1枚、カード所持枚数が2枚増、鉱石150個を手に入れられます。

 

図鑑マスターを使って、もらえる鉱石を集めていくと、URガチャチケットなどと交換することができます。

 

カードを覚醒させていくと、覚醒させたカード毎に、4段階のマスターカードを登録することができます。

 

SRクラスのカードの場合ならば、SR、SR+、SR++、HSHの4段階が登録されます。

 

図鑑マスターを進める方法として、自分でカードを集めていき、レベル最大 まで合成していく方法、トレードしていくことでマスターカードと交換して手に入れる方法、マスタートレードという方法を使い、相手のマスターカードと、こちらのマスターカードをお互いに登録しあう方法があります。

 

マスタートレードの方法ですが、これは、トレード機能を使い、トレードした後、今度は同じカードを相手側にトレードで返せばできます。

 

図鑑マスターを増やしていくやり方の中で一番楽な方法は、マスタートレードになります。

 

ただし、マスタートレードにも注意が必要です。

 

それは、マスタートレードをするとカードの親密度が最低まで下がります。

 

また、相手のマスター登録カードを知る必要があり、こちらの未登録のマスターカードも相手に知ってもらわなければいけません。

 

さらに、マスタートレードしている間は、自分も相手も、かなりの時間をつかうようになります。

 

相手に既に登録してあるマスターカードを送ってしまうとガッカリな出来事になります。

 

それもそうですが、お互いにかなりの時間を使ってしまいます。

 

このようなことを頭に入れ、注意しなければなりません。

 

相手とお互いに注意しながらやるのが、マスタートレードです。

 

図鑑埋めについて、頑張っている人を見つけ、図鑑埋めを中心にしている人同士がやるのが良いと思います。

 

ただ単に図鑑登録をするために、地道にカードを集めて合成していくよりは、確実に手間はかかりません。

 

地道なカード集めよりは、マスタートレードを使えば、図鑑埋めに使う時間の方が、全然少ない時間で済みますし、そのように考えている人達も多いです。

 

ですからマスタートレードを有効に使ってみて下さい。