ツタヤのエロゲーは安全?危険じゃない?

ツタヤのエロゲーは安全か?

ツタヤエロゲー安全

ツタヤのエロゲーに限らず、どこの会社のエロゲーで遊ぼうと思った時でも『そのエロゲーで遊んでも大丈夫なのか?安全なのか?危険じゃないの?』と不安に感じる人もいると思います。

 

それはエロゲーがアダルトだからだと思います。僕も最初はそうだったので気持ちは良く分かります。

 

ですが、ツタヤのエロゲーは、そんなに心配しながら利用しなければいけないものではありません。

 

今回の記事では、ツタヤのエロゲーで遊んでいる自分の経験に基づいて『ツタヤのエロゲーは安全か?』ということについて書いてみました。

ツタヤのエロゲーが危険だと感じる理由は?

ツタヤのエロゲーについて、安全かどうか?危険じゃないのか?と不安に感じるポイントとしては、

 

  • ワンクリック詐欺やツークリック詐欺などの詐欺犯罪に遭わないか?
  • 高額な利用料を請求されたりしないか?
  • 登録した個人情報が漏えいしたりしないか?
  • クレジットカード情報が漏えいして悪用されないか?
  • エロゲーで遊んでいることが家族(両親、奥さん、兄弟姉妹)にバレないか?
  • 迷惑メールが送られてくるようにならないか?

 

このようなことかと思いますので、それぞれについて経験者として書いてみたいと思います。

ツタヤのエロゲーはワンクリック詐欺などの詐欺犯罪に遭わないか?

ツタヤと言えば、北海道から沖縄まで書籍販売やレンタルビデオショップの店舗があるので知らない人の方が少ないんじゃないかと思います。ツタヤは創業が1983年なので、2016年現在で33年の歴史がある企業です。

 

かなり慎重な人は『ツタヤがいくら多くの人に利用されていて、知名度やあると言ってもエロゲーは信用して大丈夫なの?』と思うかもしれません。

 

ですが、ツタヤは2014年3月期の決算でグループ全体で1,900億円も稼いでる企業です。

 

企業が知名度を上げる為には、テレビでCMを流すとか、雑誌に広告を出すとか、野球やサッカー等のスタジアムに看板を出す等、莫大な宣伝費用がかかっています。人件費もかかってます。しかも、長い年月がかかります。そうすることで、多くの人が知り、その企業が提供する商品やサービスを利用してくれるようになります。

 

そんな企業が利用者を騙すなんてことをすれば、一気に社会的信用を失ってしまいます。

 

つまり、ツタヤという企業にとってそういった事件を起こすことはデメリットしかなく、『ツタヤのエロゲーを利用したら何か詐欺被害とかに遭うのではないか?』などと心配をする必要はありません。

 

もしどうしても心配だと言うなら一番良い方法は利用しないことですが、それでも遊びたいという場合は、ご自身がアクセスしているサイトが本当にツタヤのサイトなのかどうかは気にしておいた方がいいと思います。

 

方法としては、ウェブウラウザのURL(アクセスしているサイトのアドレス)が表示されている箇所を確認し、「http://game.tsutaya-adult.com/」で始まるURLになっているかを確認しましょう。

 

ツタヤエロゲーワンクリック詐欺

高額な利用料を請求されたりしないか?

まず、このサイトのトップページにも書きましたが、ツタヤのエロゲーはYahoo!JapanIDがあれば遊べます。Yahoo!JapanIDを持ってない場合は取得する必要がありますが、もちろんお金はかかりません。

 

また、ツタヤのエロゲー内でガチャチケットやアイテムを購入する為には、仮想通貨『ゴールド』をまず購入する必要があります。いわゆる「課金」です。

 

このゴールドの購入方法は、

 

  • クレジットカードで支払う方法
  • Docomo/au/ソフトバンクの電話代と一緒に払う方法
  • Yahoo!ウォレット/Webmoney/楽天Edy/Net Cash等の電子マネーで支払う方法

 

があります。

 

いずれの購入方法でも、サイト上でクレジットカード番号を入力するとか、コンビニに出向いて電子マネーをレジで購入するといった自分自身がしなければいけませんので、それらをしない以上はお金はかかりません。

 

つまり、ツタヤのエロゲーは登録にもお金はかかりませんし、ゲームを遊び始めた後も自ら課金しない以上、利用料が発生することは一切ありません。

登録した個人情報が漏えいしたりしないか?

ツタヤのエロゲーは、DMMやにじよめのように会員登録がありません。必要なのは、Yahoo!JapanIDです。

 

ですので、Yahoo!JapanIDを既に持っている人ならすぐ何の登録をしなくてもすぐ遊べます。

 

Yahoo!JapanIDを持っていない人は、新規に取得する必要があります。

 

このYahoo!JapanIDを取得する時に必要なのは、

 

  • メールアドレス
  • Yahoo!JapanID
  • パスワード
  • 郵便番号
  • 生年月日
  • 性別
  • Tカードを持っているか

 

の情報です。下の画像はツタヤのYahoo!JapanIDの新規取得画面のスクリーンショット画像です。

 

ツタヤエロゲーYahoo!JapanID取得

 

これを見て分かるように個人を特定できるような情報は必要とされませんから、個人情報の漏えいは心配する必要はないです。

クレジットカード情報が漏えいするリスクはないのか?

前述した通り、ツタヤのエロゲーでポイント購入をする手段としては、クレジットカードを使って支払う方法(クレジット決済)や、コンビニ等でビットキャッシュ等の電子マネーを購入し、それで支払う方法などがあります。

 

クレジットカード決済で支払う場合、ツタヤのサイト上でクレジットカード番号を入力する必要がありますから、クレジットカード番号の情報が漏えいして他人に悪用されたりしないかという不安があると思います。

 

以下はDMMのエロゲーでポイント購入をする時にクレジットカード決済をするページのスクリーンショット画像です。

ツタヤエロゲー利用料

これを見てもらうと分かりますが、クレジットカード決済をする時の通信は暗号化技術が適用されているということが分かります。

 

ですので、もし万が一、他人にクレジットカード情報が盗み取られたとしても、その内容は暗号化されており読み取ることができなくなっていますので心配はいりません。

 

では、ツタヤのエロゲーはどうなっているのでしょうか?ツタヤの公式サイト上にはそれに関する説明がなかったので個人的に問い合わせてみたところ、以下のような回答を頂きました。

 

この回答によると、ツタヤのエロゲー画面上に明確な情報漏えいを防止する為の暗号化技術が採用されているの明記はありませんが、実際には暗号化通信が採用されているということでした。

ツタヤエロゲー 暗号化通信

 

ただ、万が一クレジットカードの情報が漏えいしてしまし、自分ではない第三者に悪用された場合、その支払いを自分がしなければならないかというと必ずしもそうではありません。自分に過失がなかった場合には、支払う義務は発生しません。

 

これはエロゲーに限った話ではありませんから、覚えておくと良いですよ。

 

ちなみにここで言う『過失』とは、例えば、自分が知らない間に自分の親や兄弟が自分のクレジットカードを使って何か買い物をした場合や、第三者にクレジットカードを悪用されたかもしれないと気付いていたのにそれを長期間放置したというような場合がこれに該当します。

 

この為、第三者に悪用されたと気づいた時点で、速やかにクレジットカード会社に連絡を入れて、カード会社側でその確認が取れれば支払いをする必要はありません。

 

特に最近はクレジットカード会社側も監視を強化していて、普段クレジットカードをほとんど使わないのに急に高額な商品の購入があった場合等はクレジットカード会社側から連絡をしてきてくれたりもします。

 

これは僕の友人が経験した話ですが、その彼は運悪くGoogleアカウントを乗っ取られてしまい、さらにそのGoogleアカウントにクレジットカード情報を登録していた為、オンラインゲームのアイテム課金に悪用されました。その際、友人のGmailのアドレス宛に『ご購入ありがとうございました』とメールが届いたそうです。20,000円分も課金されていたそうです。

 

そのメールがきっかけになって友人は自分自身でも気づいたそうですが、そんなに変わらないタイミングでクレジットカードクレジットカード会社から確認の電話がかかってきたそうで、普段ほとんどクレジットカードで買い物をしないのに急にネットで20,000円もの買い物がされたので不自然だったので確認が入ったのだそうです。

 

そういう意味では、自分に飛んでくるメールも毎日気をつけておくことも重要かもしれません。

エロゲーで遊んでいることが家族にバレないか?

この点については、ツタヤのエロゲーは親バレしないの?に詳しく書きましたのでそちらをご覧ください。

迷惑メールが送られてくるようにならないか?

この点については、ツタヤのエロゲーをこれから遊び始める人へに詳しく書きましたのでそちらをご覧ください。

まとめ

ということで、ツタヤのエロゲーで遊ぶことについて、それが危険だということはありませんし、安心して利用していいと思います。実際、僕もツタヤのエロゲーで遊び始めて随分と時間が経ちましたが、未だに危険な目に遭うようなことは一切ありません。